ホーム » 未分類 » リフォームを想定したマイホームづくり

リフォームを想定したマイホームづくり

人生が80年以上を生きることを想定すると住宅を購入するにあたってもそれぞれのステージに置いてリフォームが必要になってくることが考えられます。特に子供たちが巣立って60歳を過ぎあと20年を夫婦で暮らすにあたってはユニバーサルデザインを意識した住宅でなければなりません。もちろん、子供たちと遊んでいるときには親の部屋は2回、子供たちの部屋は1階と言うシミュレーションもあるかもしれませんが間違いなく階段のない1階を生活の拠点にしなければならない日もやってきます。さらには段差のない設計を行ったり、リビングやダイニングを寝室に変えられるような将来的なビジョンを持っていなければ結果的に20投資を行う際に費用がかさんでくることになるのです。 最近では、提案をしてもらう際にそこまでを考えたプランもありますので自分たちのライフスタイルを将来的に考えて投資を行うことでトータルで少しでも安くなることを考えるべきだと思います。