ホーム » 未分類 » マイホームの洗面ボウルが陶器でない不満

マイホームの洗面ボウルが陶器でない不満

一戸建てマイホームで後悔しているところと言えば、洗面所の洗面ボウルです。わが家は洗面ドレッサーではなく、大工さんに作ってもらった洗面所なのですが、洗面台は自分たちも設計には携わりました。しかし洗面ボウルに関しては、大工さんにお任せでした。そして、マイホームが完成してみたら洗面ボウルが陶器ではなく、プラスチック製であることに、ちょっと驚いたのです。洗面ボウルがプラスチック製であることがものすごく嫌だというわけではないのですが、けれどもなんとなく嫌なんですよね。おしゃれな洗面所を意識して設計してもらったので、陶器の方がよかったわけです。今は新築ですから、プラスチック製の洗面ボウルでも気にならないかも知れません。しかしプラスチックって日焼けをするから、これからどんどんと日に焼けて黄色くなっていくことでしょう。そこのところも嫌なんですよね。マイホーム全体から見れば小さいところだと言えるかも知れませんが、けれども嫌だと言えば嫌ですし…。確認しておくべきだったなーと、後悔しています。

PR:愛媛で後悔しない注文住宅マイホームならマーク住研