ホーム » 古い家ばかりの土地にマイホームを建てる

古い家ばかりの土地にマイホームを建てる

マイホームの土地を買う際に決め手になったことはと言えば、昔からその土地に建っている家が多かったということですかね。そりゃあキレイな家ばかりの新興住宅地には惹かれましたよ。けれども、地盤が大丈夫かどうかということをうちの父がやたらと気にしていたのです。私たちがマイホームを建てた市内の新興住宅地の地域は、埋立地だったとか谷地だったとか、まあとにかく家を建てるのに適していないイメージがうちの父にはあったそうです。それで私たち夫婦がマイホームを建てる土地の候補に例の新興住宅地を入れていたので、ちょっと言ってきたのです。しかしその言葉が何十年か後にこうしてビンゴとなるのですから。「液状化現象」だとかで話題になったのですよね。正直、「古い家ばかりの土地で景観的にどうだろう」と、今の土地については思っていました。けれど、昔の人が言うことにも一理あるなぁと、ここ最近になり思うのです。お父さんの助言を気に留めて土地選びをして良かったです。