ホーム » 未分類 » マイホームは玄関土間部分が後悔点

マイホームは玄関土間部分が後悔点

わが家の納戸は、玄関土間の横にあります。ですから、一度靴を履いてからでないと、納戸に入ることができないのです。一度、玄関土間におりる必要があるのです。玄関ホールから納戸へと斜めにジャンプすれば、玄関土間におりずに納戸に入ることはできますよ。けれども、大きな荷物を持っている時には、玄関ホールからの斜めジャンプなんてできないじゃないですか。そしてだからこそ、一戸建てマイホームの納戸の位置は失敗したなーと思うわけです。どうせ玄関土間に降りなくてはならないのでしたら、家の玄関を出たところに倉庫として作れば良かったとも思うわけです。もしくは、小上がり的な納戸ではなく、今増えてきている土間収納スペースとして作れば良かったなーとも思うわけです。作りが昭和もしくは平成初期な感じのマイホームですから、玄関がなんともオシャレではないのですよね。内部は吹き抜け天井があったりと広々として、そこまで昭和チックではないのですが、玄関が古いデザインな感じで、それで全体のイメージが決まってしまうかのようにも思うのです。ですからもし注文住宅でマイホームを建て直せるなら、納戸についてはよく考えようと思います。